求人情報

先輩の声

秋山結理

プロフィール

平成25年入社
摂南大学薬学部卒

一番身近な薬剤師

卒業後、病院薬剤師として調剤、服薬指導、チーム医療などに携わりました。
担当病棟が決まっており専門性は高くなりますが、幅広い知識を身につける点での困難さがあります。

薬局では、様々な患者さんとの対話の中で必然的に幅広い知識が身につきます。
薬局薬剤師は患者さんの経過を長期に亘って知る一番身近な薬剤師です。

しあわせ薬局は『一番身近な薬剤師』を実践されている先輩方がたくさんいる職場です!

中井純子

プロフィール

平成22年入社
摂南大学薬学部卒

鉄は熱い内に打ちましょう!

私は一度、パートとして勤務し、子育てにより一旦離れた後に現在は正社員として勤務しています。
当社は子育てに対して非常に理解のある会社だと思います。みんな平等にお休みをとれますので、PTAなど行事の時には大変助かります。保育所もあり、長く働き続ける為の体制は整っているのではないでしょうか。

また、病院の門前であり、処方科目や枚数が多かったことも魅力の一つでした。薬剤師として仕事をしてきて、相手の立場に立って考える事が大切だと感じています。
例えば、たくさんの種類の薬を処方されている患者さんには、薬の飲み忘れを防ぐ為に、一包化が出来る事を提案します。患者さんから言ってきてくださる事もありますが、毎日忘れずに薬を飲む事は大変。そこを薬剤師が気づいて提案してあげる事が必要です。そんな提案を行って「飲み忘れが少なくなったよ」と言われたり、患者さんの薬の量が減ったりすると、お役に立てたという実感が沸きます。
こんな風に患者さんと直接副作用などの説明が出来、直接健康のサポートが出来る事は、薬局での仕事の魅力ですね。

これから、今より知恵と経験を積んだ薬剤師になりたいと思っています。
皆さんはどんな薬剤師になりたいのでしょうか?興味の対象をしっかりと自身で見つめて就職活動をして欲しいと思っています。ただ、忙しいところで働く事をお勧めします。きっと将来、皆さんの血肉になる経験が出来ると思いますよ。

辻村隆司

辻村隆司

プロフィール

昭和53年入社
近畿大学薬学部卒

もっと愛される薬局を目指して

私はこの薬局が病院の院内にあった時から数えて、33年勤め続けています。おかげさまでたくさんの地域の方々とも顔見知りになる事が出来ました。
長く勤め続けている理由は、やはり会社の居心地が良いから。民主的に平等に物事を進めていく体制や、皆の意見を尊重するといった社風は、普通なようでいてなかなか少ないのではないでしょうか。
薬局長として、調剤業務から薬の発注まで日々の業務をおこなっておりますが、在宅にも週に数回自分で出向くため在宅の患者さん中心の勤務体制を取っています。患者さんの訴えには、良く耳を傾けるようにしていますが、それでも自分がいる時に全ての事を把握出来るとは限りません。多くても自分自身は2週間に1度ほどしか訪問出来ないのが現状です。
その為、私達は訪問看護師やケアマネージャー・ヘルパー・訪問看護士の方々と密に連携し情報交換をきちんと行う事で現状把握に努めています。
「あの患者さんは薬がちゃんと飲めていないのではないか」といった情報を、患者さんのご自宅を訪問する前にキャッチする事で、色々な対応が出来ますからね。医療連携がしっかりととれた薬局といえるのではないでしょうか。
これからは、今よりもっと地域の人に愛される薬局とする事が目標です。食べ物の相談や生活指導等を行い、より皆さんの生活に密着し、健康サポート薬局としての期待に応える。そして「ここに来れば元気になれる。」と思ってもらえる薬局にしたいですね。