ブログ

2015/02/04

〜春は肝臓を大切に〜

ツイートする

漢方の言葉に「発陳(ハッチン)」というのがあることをご存じでしょうか?発陳とは、陽気が生じ春の到来を告げる言葉です。カラダは節分を過ぎると春を感じ、心身ともに生き生きと活動的に行動し始めます。
そして、春は体内の臓器のなかでも「肝臓」がよく機能する季節でもあります。冬の寒い時期にじっとしていた肝臓の働きが一気に高まると、冬の間ため込んだ体内の老廃物を一気に解毒しようとするため、いつも以上に肝臓に負担がかかります。春に肝臓に負担がかかってしまうのは決してお花見や歓迎会の席でのお酒の飲みすぎだけではないのです。
では、その肝臓をどう労わればよいのでしょうか。
弱ってしまった肝機能の回復に欠かせないものがタンパク質です。お豆腐や大豆製品などと食べるのがよいでしょう。
また、肝臓の働きを助ける作用があるウコン茶を飲むことも効果的です。お茶なら手軽に飲むことができますので、試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]
ページトップへ