ブログ

2015/02/04

〜花粉症対策と治療薬〜

ツイートする

現在、日本における花粉症の患者さんは3人に1人と言われるほど、多くの方が花粉に悩まれています。花粉の飛び始める時期や量は年によって変動しますが早めに対策をされるとよいでしょう。普段の生活で外出時にはメガネをかけ、帽子をかぶるなど工夫します。また、帰宅時には玄関で花粉を払い落し、手洗い・うがいを十分に行い毎日の習慣として心掛けましょう。
花粉症の治療も早めに行うことが大切で、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などがあります。その中には、副作用として眠くなったり、のどが渇いたりするものがあります。去年、発売された「シダトレン®」はスギ花粉症に対する減感作療法として用いられます。減感作療法とは、アレルギーの原因となるアレルゲンを、低濃度、少量から投与し、徐々に増量、高濃度へ移行させ、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法です。このように花粉症治療薬にも新しいものがありますので一度お医者さんに相談してみてください。

コメント

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]
ページトップへ