おくすり手帳について

おくすり手帳について

おくすり手帳とは、
自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録できる手帳です。

副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても自分で記入できます。

おくすり手帳について

薬剤師アイコン おくすり手帳でわかること

おくすり手帳に記載される内容は

おくすり手帳でわかること:処方内容 (調剤日 / 調剤薬局名 / 処方せん発行医療機関名 / 薬剤名 / 薬剤の用量・用法 / 日数 / ジェネリック医薬品か否か など) 、副作用歴 、アレルギー歴 、主な既往症

この情報から、飲みあわせや薬の重複をチェックし、副作用や飲み合わせのリスクを減らします。
また、副作用歴、アレルギー、過去にかかった病気などの情報を伝えることができます。
旅行や災害、急に具合が悪くなったときなどに、自分の薬の情報を正確に伝えることができます。

おくすり手帳の使い方

  • 医療機関、薬局へ行くときは忘れずに

    医療機関、薬局へ行くときは忘れずに

    基本情報がすぐ伝わり、的確な治療の助けとなります。

  • 言いたいこと伝えたいことは書いておきましょう

    言いたいこと伝えたいことは書いておきましょう

    患者さんが何を思っているのかを知るのは、お医者さん・薬剤師にとってとても大切なことです。

  • 一般医薬品、健康食品も記録しておきましょう

    一般医薬品、健康食品も記録しておきましょう

    薬剤師が適切なアドバイスをする参考になります。

  • アレルギーや副作用歴は必ず記録を

    アレルギーや副作用歴は必ず記録を

    副作用のリスクを未然に防ぐことができます。

  • 一冊にまとめましょう

    一冊にまとめましょう

    服用薬の記載漏れなどを防ぎ、より正確な記録になります。

  • いつも携帯、いつも同じ場所に保管

    いつも携帯、いつも同じ場所に保管

    いつも同じ場所にあれば、いざ必要になったときとっさに取り出すことができます。

ページトップへ