患者様へ しあわせ薬局のとりくみ

在宅医療

在宅医療

かかりつけ薬局だから、高齢者が家族とともに住み慣れた町で安心して日々を送れるようサポート出来ます。
病院・診療所・ヘルプステーションetcと常に連携をとり、入退院時にも情報提供を行うためスムーズに自宅での療養生活に戻れます。
しあわせ薬局では、医療チームの一員としての誇りを持ち、患者さんの立場に立った、安全で有効な薬物療法を実施するために、様々な学習会を開催しています。

こんな時にお気軽にご相談ください

  • 薬局まで行くのが大変

    ご自宅まで、スタッフがお薬をお持ちします。

  • 薬の管理ができない

    お薬の整理をお手伝いします。

  • 薬を飲み忘れてしまう

    飲み忘れが無いか、スタッフがお手伝い。

  • 薬が上手に飲めない

    薬を飲みやすいように工夫し、飲み方などお教えします。

  • 入院中で薬局へ行けない

    医師と相談の元、ご入院先までお薬をお持ちします。

  • 施設に入っていて薬局に行けない

    施設まで、スタッフがお薬をお持ちします。

在宅でのがん緩和ケア

在宅でのがん緩和ケア

がん終末期を在宅で療養され、緩和ケアを受けられるケースが増えて来ています。
在宅緩和ケアの実施には、病院・診療所、訪問看護ステーション、薬局等の連携が大切です。
薬剤師には医療用麻薬の使用にあたり、在宅服薬指導を行うことで緩和ケアを充実させることが求められています。     
私たちは在宅訪問に積極的に取り組んでいますが、より多く緩和ケアにも取り組んでいくために、奈良市薬剤会や大和郡山市薬剤師会の「緩和ケアにおける医療用麻薬研修会」に参加するなどして、研修にも努めています。

在宅医療を利用するためのQ&A

どうすれば、在宅医療を利用できますか?
主治医からの指示書が必要になります。
主治医、地域包括支援センター(ケアマネージャー)、ヘルパー、かかりつけの薬局薬剤師にご相談ください。
どういった手続きが必要ですか?
介護保険を利用する場合は、すべてのサービスが「契約」に基づいて提供されます。
そのため、保険薬局と利用者(患者様)との間で、重要事項説明と事前契約が必要になります。
契約書は、利用者(患者様)の不利益となる過剰サービスや架空請求、トラブルなどから利用者(患者様)を守るために作成されるものです。
医療保険を利用される場合は、契約書は必要ありませんが、重要事項説明は受けていただく必要があります。
料金はどれくらいかかりますか
介護保険を利用する場合は、ご自宅の方では1回の訪問で、¥503と別にお薬代が必要になります。また、同一建物・居住系施設の方では¥352と別にお薬代が必要になります。
医療保険を利用されている方は、医療保険の一部負担金をお支払いいただきます。
介護保険を利用することはできますか?
介護保険を申請された後、数か月で認定され介護度と認定期間が決まります。
(要支援1〜2、要介護1〜5)認定期間、ご利用いただけます。